帯の種類:袋帯、八寸名古屋帯、九寸名古屋帯、半幅帯って何が違うの?

着物や浴衣(ゆかた)に合わせる帯の種類もさまざまあります。

カジュアルな装いには、名古屋帯を合わせることが一般的ですが、
名古屋帯にも「八寸名古屋帯 / 九寸名古屋帯」や「松葉仕立て / 名古屋仕立て」など、
さらに細分化されていて「違いは何?」「家にあるのは何帯なの?」と、
疑問に感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

着物や浴衣(ゆかた)に合わせる帯の種類もさまざまあります。

カジュアルな装いには、名古屋帯を合わせることが一般的ですが、名古屋帯にも「八寸名古屋帯 / 九寸名古屋帯」や「松葉仕立て / 名古屋仕立て」など、さらに細分化されていて「違いは何?」「家にあるのは何帯なの?」と、疑問に感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

帯の種類

そこで今回は、帯の種類や仕立ての違い、シチュエーションごとの使い分け
などについてご紹介したいと思います。

そこで今回は、帯の種類や仕立ての違い、シチュエーションごとの使い分けなどについてご紹介したいと思います。

「織り帯」と「染め帯」

きものの場合、一般的に「染め」はフォーマルやセミフォーマル、「織り」はカジュアル用ですが、
帯の場合は逆になります。

「織り帯」の方が格調が高くフォーマルやセミフォーマル向き、
「染め帯」はどちらかというと、普段着やおしゃれ着用に向きます。

また、着物と帯をコーディネイトする際、一般的には帯は着物より同格または格上のものを合わせると
装いが引き立つとされ、「染めの着物に織りの帯」、「織りの着物に染めの帯」とも言われています。

礼装などフォーマルな場では、「染めの着物に織りの袋帯」が定石ですが、
普段のお出かけなどカジュアルな装いであれば、型にとらわれすぎず
自由に組み合わせておしゃれを楽しんでください。

きものの場合、一般的に「染め」はフォーマルやセミフォーマル、「織り」はカジュアル用ですが、帯の場合は逆になります。

「織り帯」の方が格調が高くフォーマルやセミフォーマル向き、「染め帯」はどちらかというと、普段着やおしゃれ着用に向きます。

また、着物と帯をコーディネイトする際、一般的には帯は着物より同格または格上のものを合わせると装いが引き立つとされ、「染めの着物に織りの帯」、「織りの着物に染めの帯」とも言われています。

礼装などフォーマルな場では、「染めの着物に織りの袋帯」が定石ですが、普段のお出かけなどカジュアルな装いであれば、型にとらわれすぎず自由に組み合わせておしゃれを楽しんでください。

一般的な帯の種類

帯の種類や素材はさまざまありますが、おおまかには幅と長さで以下の3つに分類されます。

  • 袋帯:幅 約31cm(8寸2分)×長さ 約4.2m(一丈一尺1寸)以上
  • 名古屋帯:幅 約30〜31cm(8寸〜8寸2分)×長さ 約3.5m(9尺2寸)前後
  • 半幅帯:幅 約15〜16cm(4寸〜4寸3分)×長さ 3.2m〜4.5m(8尺5寸〜1丈2尺)

※着物に用いられる寸尺は、鯨尺(くじらじゃく)とよばれ、建築などに用いられる曲尺(かねじゃく)とは異なります。
 鯨尺での1寸は、約3.8cmです。

※着物に用いられる寸尺は、鯨尺(くじらじゃく)とよばれ、建築などに用いられる曲尺(かねじゃく)とは異なります。鯨尺での1寸は、約3.8cmです。

一般的な帯の種類(袋帯・名古屋帯・半幅帯)と形状の違い
一般的な帯の形状の違い

袋帯と名古屋帯は、ほぼ同じ幅ですが長さが異なります。
これは、一般的な帯結びである「お太鼓結び」のお太鼓部分(背面)を、
一重で作るか二重で作るかの違いになります。

袋帯と名古屋帯は、ほぼ同じ幅ですが長さが異なります。これは、一般的な帯結びである「お太鼓結び」のお太鼓部分(背面)を、一重で作るか二重で作るかの違いになります。

名古屋帯と袋帯のお太鼓結び
お太鼓結び(上:袋帯での二重太鼓 / 下:名古屋帯での一重太鼓 )

また、そのちょうど半分の幅にあたるのが半幅帯です。

名古屋帯も袋帯も、胴に巻く部分は半分に折った状態で使用しますので、
着物を着て帯を締める際、体の前面にくる帯幅はすべてほぼ同じということになります。

また、そのちょうど半分の幅にあたるのが半幅帯です。

名古屋帯も袋帯も、胴に巻く部分は半分に折った状態で使用しますので、着物を着て帯を締める際、体の前面にくる帯幅はすべてほぼ同じということになります。

袋帯とは?

お太鼓を二重に結ぶことができる長さに仕立てられた帯です。

金糸や銀糸、箔を用いた錦織(にしきおり)や唐織(からおり)、綴れ織(つづれおり)など
華やかで格調のある帯は、留め袖・振袖・訪問着などの礼装や、
お茶席向きの付下(つけさげ)や色無地・江戸小紋などの着物に合わせます。

また二重太鼓と呼ばれる袋帯ならではの帯結びには、良いことやおめでたいことがあったときに
「良いことが重なるように」という意味が込められています。

お太鼓を二重に結ぶことができる長さに仕立てられた帯です。

金糸や銀糸、箔を用いた錦織(にしきおり)や唐織(からおり)、綴れ織(つづれおり)など華やかで格調のある帯は、留め袖・振袖・訪問着などの礼装や、お茶席向きの付下(つけさげ)や色無地・江戸小紋などの着物に合わせます。

また二重太鼓と呼ばれる袋帯ならではの帯結びには、良いことやおめでたいことがあったときに「良いことが重なるように」という意味が込められています。

礼装用の袋帯
礼装用の袋帯

同じ形状でも「洒落袋(しゃれぶくろ)」と呼ばれる、金銀を使わずカジュアルなシーンで
締められる袋帯もあります。

同じ形状でも「洒落袋(しゃれぶくろ)」と呼ばれる、金銀を使わずカジュアルなシーンで締められる袋帯もあります。

カジュアルな装いに合わせる洒落袋帯
カジュアルな装いに合わせる洒落袋帯

名古屋帯とは?

お太鼓を一重に結ぶ長さの帯が名古屋帯です。

地名が名称になっていますが、名古屋が産地というわけではなく、
大正時代に名古屋女学校(現・名古屋女子大)を創設した越原晴子さんが
「女性の社会進出のために、活動的な帯を。」と、袋帯の二重太鼓を簡略化して
一重で結べるようにと考案したのがその名の由来です。

素材と柄により、カジュアルからセミフォーマルまで幅広く合わせられます。
一般的には、塩瀬(しおぜ)や縮緬(ちりめん)などの染めの名古屋帯は、
小紋や紬などのおしゃれ着や普段着物に合わせます。

お太鼓を一重に結ぶ長さの帯が名古屋帯です。

地名が名称になっていますが、名古屋が産地というわけではなく、大正時代に名古屋女学校(現・名古屋女子大)を創設した越原晴子さんが「女性の社会進出のために、活動的な帯を。」と、袋帯の二重太鼓を簡略化して一重で結べるようにと考案したのがその名の由来です。

素材と柄により、カジュアルからセミフォーマルまで幅広く合わせられます。一般的には、塩瀬(しおぜ)や縮緬(ちりめん)などの染めの名古屋帯は、小紋や紬などのおしゃれ着や普段着物に合わせます。

カジュアルな装いに合わせる名古屋帯
カジュアルな装いに合わせる名古屋帯

金銀が入っていたり、錦織や唐織などの格調高い織りの名古屋帯は、
訪問着や付下(つけさげ)、色無地などの着物に合わせて略礼装としても使用できます。

金銀が入っていたり、錦織や唐織などの格調高い織りの名古屋帯は、訪問着や付下(つけさげ)、色無地などの着物に合わせて略礼装としても使用できます。

セミフォーマルにも合わせられる名古屋帯
セミフォーマルにも合わせられる名古屋帯

八寸名古屋帯・九寸名古屋帯の違い

上記の通り、基本的に仕立て上がりの帯の幅は8寸(約30cm)です。

九寸名古屋帯は、仕立てる前の生地の幅が9寸(約34cm)であることを指しています。
仕立てる際に、生地の両端を5分(約2cm)ずつ折って裏地をつけて仕上げます。

上記の通り、基本的に仕立て上がりの帯の幅は8寸(約30cm)です。

九寸名古屋帯は、仕立てる前の生地の幅が9寸(約34cm)であることを指しています。仕立てる際に、生地の両端を5分(約2cm)ずつ折って裏地をつけて仕上げます。

染めの9寸名古屋帯
染めの9寸名古屋帯

八寸名古屋帯は、元から8寸の幅の反物をそのまま裏地をつけずに両端をかがっただけの帯です。
帯の両端が折り込まれているかどうかを見れば、違いが分かりやすいです。

八寸名古屋帯は、元から8寸の幅の反物をそのまま裏地をつけずに両端をかがっただけの帯です。

帯の両端が折り込まれているかどうかを見れば、違いが分かりやすいです。

博多織の8寸名古屋帯
博多織の8寸名古屋帯

裏地のない八寸帯は、厚手でしっかりした織り帯や、ざっくりとした生地のものが多く、
紬や木綿などカジュアルな着物に合わせて気軽に楽しめます。
ただ、綴れ織などフォーマルに使える八寸帯もあります。

九寸帯は、染め帯が多いですが、刺繍をしたものや西陣織のフォーマル向きのものもあります。
いずれも柄や雰囲気によって、使い分けるとよいでしょう。

裏地のない八寸帯は、厚手でしっかりした織り帯や、ざっくりとした生地のものが多く、紬や木綿などカジュアルな着物に合わせて気軽に楽しめます。ただ、綴れ織などフォーマルに使える八寸帯もあります。

九寸帯は、染め帯が多いですが、刺繍をしたものや西陣織のフォーマル向きのものもあります。

いずれも柄や雰囲気によって、使い分けるとよいでしょう。

名古屋帯の仕立て方の違い

名古屋帯の仕立ては、大きく分けて以下の3タイプがあります。

  • 名古屋仕立て:一般的な仕立て方です。お太鼓になる部分以外(胴に巻く部分)を半分に折った状態で仕立ててあります。
  • 松葉仕立て:て先だけを半分に折った状態で仕立てる方法です。背の高い方など、前帯の幅を少し広めにしたい場合など便利に使えます。
  • 額縁仕立て:手先部分も半分に折らずに開いた状態で仕立てる方法です。一見、袋帯のようにも見えますが、前述の通り長さが異なります。
名古屋仕立ての名古屋帯
名古屋仕立ての名古屋帯
松葉仕立ての名古屋帯
松葉仕立ての名古屋帯

半幅帯とは?

袋帯や名古屋帯の半分の幅であることから半幅帯と呼ばれます。

主に浴衣(ゆかた)の他に、紬、木綿、などカジュアルな着物全般的に合わせられます。
軽くて簡単に結べるので、手軽に着物を着たい際や着物初心者の方にもおすすめです。

袋帯や名古屋帯の半分の幅であることから半幅帯と呼ばれます。

主に浴衣(ゆかた)の他に、紬、木綿、などカジュアルな着物全般的に合わせられます。軽くて簡単に結べるので、手軽に着物を着たい際や着物初心者の方にもおすすめです。

半幅帯
半幅帯

お祭りなどで使うイメージが強いかもしれませんが、最近では上質な生地を使った半幅帯も
多く出回っており、大人の装いにも合う結び方も多数あります。

お祭りなどで使うイメージが強いかもしれませんが、最近では上質な生地を使った半幅帯も多く出回っており、大人の装いにも合う結び方も多数あります。

半幅帯の帯結び:リボンパタパタ結びと割り角出し結び

【オンライン着付けレッスン】大人可愛い半幅帯の結び方 2種

まず1本持っておくなら

あらたまった席ではなく、日常のちょっとしたお出かけやイベントごとなどで着物を楽しみたい。
という方でしたら、季節を限定する絵柄がない白系の名古屋帯が1本あると、
どんな着物にでも合わせやすく使い勝手が良いでしょう。

お気に入りの半幅帯も1本あると、時間がないときでも手軽に結べて便利です。

着物と帯のコーティネイトも、基本的にはシチュエーションに合わせた装いとバランスが大事です。
それぞれの帯の特徴を知った上で、使い分けてみてください。

あらたまった席ではなく、日常のちょっとしたお出かけやイベントごとなどで着物を楽しみたい。という方でしたら、季節を限定する絵柄がない白系の名古屋帯が1本あると、どんな着物にでも合わせやすく使い勝手が良いでしょう。

お気に入りの半幅帯も1本あると、時間がないときでも手軽に結べて便利です。

着物と帯のコーティネイトも、基本的にはシチュエーションに合わせた装いとバランスが大事です。それぞれの帯の特徴を知った上で、使い分けてみてください。

着物屋くるり 博多織八寸名古屋帯 玉菊 ホワイト

着物屋くるり 博多織八寸名古屋帯 Damask ホワイトベージュ

着物屋くるり 博多織八寸名古屋帯 葵 オフホワイト

かわいい着物がお手軽価格で買えるネットショップまとめ

単衣(ひとえ)や夏着物に合わせる帯の素材や種類


「着物を着てみたい。」「自信の持てる着姿を目指したい。」という方は、
Menu / レッスン・着付けページをご覧ください。

はじめての方は、こちらもどうぞ。
日々是好装(にちにちこれこうそう)

*blogカテゴリーlist*

この記事を書いた人

ゆうきもの 徳山友紀

ゆうきもの 徳山友紀

会社員とのダブルワークで、きもの着付け教室(大阪市福島区)を運営しています。各種着付け、出張着付け(大阪市内限定)も承ります。